男性特有の薄毛の症状AGAについて理解し効果的な治療を

MENU

高い定着率

自毛を使った植毛の特徴

自毛を使った植毛は自分の毛であるため拒絶反応が起きにくく、非常に高い定着率があります。この植毛では脱毛が起きにくい側頭部などの毛を毛包ごと採取して移植するため、植毛した毛が生育します。そのため、手術後に毛が抜け落ちても再び生えてきます。周りの毛と同様に毛が伸び、加齢によって白髪にもなるため、植毛した部分が目立つ事がありません。 自毛の植毛では手術が必要になるため、傷跡が残るデメリットがあります。しかし、ほとんど傷跡が分からないような手術もあります。また、費用が高くなりますが、毛が生育するためメンテナンスする必要がなく、維持費がかかりません。 自毛は人工毛と違って植毛できる数に限りがあり、失敗すると使える毛が減ってしまいます。これを避けるため、技術力が高く、実績のある医療機関を選びます。

自毛植毛のメリットとは

薄毛をカバーする方法としては、治療をしたりかつらをかぶるなどの対処法がありますが、中でも最近人気なのは自毛植毛と呼ばれる植毛法です。 多くの薄毛の人の特徴として、髪の毛が薄くなっているのは頭頂部や額の生え際であったりしますが、後頭部やサイドの髪の毛はしっかりと生えていることが多いです。これは、後頭部やサイドの髪の毛は薄毛の原因とされる酵素の影響をほとんど受けないからであるといわれています。 ですから、後頭部やサイドの髪の毛を薄くなった部分に自毛植毛することができれば、薄毛の原因にさらされない強い髪の毛が生えてくることになります。当然自分の髪の毛を植毛することになるので、頭皮に定着する確率も高くなります。