男性特有の薄毛の症状AGAについて理解し効果的な治療を

MENU

育毛剤を選ぶ

使う前に抑えておきたい良い育毛剤の選び方

頭皮環境が悪化して毛細血管の働きが鈍くなり毛根や毛母細胞に栄養が行き渡らなくなると髪の毛が抜けやすくなります。育毛剤には途絶えてしまった栄養を補給して育毛を促進する役割があります。さらに機能が低下した毛細血管を補強し毛母細胞を活性化して頭皮環境を改善します。この2点の効果があることが良い育毛剤の大前提となります。使用時に刺激が少ないことも大切です。刺激を与え続けることによって頭皮は厚く硬くなります。頭皮が固く厚くなれば新しい髪の毛が生えにくくなってしまいます。また育毛剤は毎日継続して使う必要があるので使用方法が簡単であることや人前でも使用していることがわからないように匂いが気にならないことも大切です。

育毛剤の効果を見る目安の期間とは

育毛剤は毛生え薬とは違います。マンガのように塗ればすぐに毛が生えるというわけではありません。髪の毛というものは成長期・退化期・休止期・自然脱毛という発毛サイクルで一定の周期を保って成長しています。毛母細胞から髪の毛が新生して新毛となるまでには概ね6ヶ月位を想定しておく必要があります。つまり使い始めた育毛剤の効果があるかないかは半年くらい使い続けてはじめて判断することができるので注意が必要です。ほとんどの育毛剤1本あたりの使用目安が1ヶ月から2か月です。試しに1本使ってみて髪の毛が増えなかったからといって効果が無いと諦めてしまうのは早計です。育毛剤は少なくても3本から6本使い続けてみてはじめて効果の有る無しを見極める必要があります。