男性特有の薄毛の症状AGAについて理解し効果的な治療を

MENU

脱毛症は治せる

AGAは遺伝することが判っています

男性に特有な脱毛症のことを、男性型脱毛症と呼びますが、最近ではAGAと呼ばれることの方が多くなってきました。 そして、AGAは遺伝することが判っています。その遺伝情報が、性染色体であるX染色体にある場合と、常染色体にある場合があって、X染色体にある場合は、母親の両親のどちらかから遺伝することになります。そして、常染色体にある場合は、父親から直接遺伝することになります。 要するに、母方の祖父や実の父親が薄毛になっているのであれば、貴方はAGAになる可能性が非常に高いと言えます。 また、抜け毛が額から起こる人と、頭頂部から起こる人がいるのもAGAの特徴の一つです。ですから、これらのことに心当たりがあるのであれば、覚悟しておいた方が良いでしょう。

抜け毛が気になり出したら

遺伝すると判っているAGAでも諦めてはいけません。今では治すことができるのです。そこで、抜け毛が気になり出したら、すぐに病院に行って診察してもらいましょう。 病院でAGAと診断されれば、治療薬を処方してもらえます。この治療薬は、AGAを引き起こすジヒドロテストステロンを減少させ、抜け毛の進行を阻止してくれるのです。 主にフィナステリド製剤が処方されますが、毎日の服用が必要になります。これは、稀に軽い副作用がありますが、安全性の高い医薬品です。 ですから、いずれはインターネットの個人輸入代行サイトで入手する方法も検討してみる価値があります。 また、フィナステリド製剤のジェネリック医薬品であれば、さらにお得な価格で入手できます。